*このページの内容は、「ふたりあるき」の日記と同じですが、時々更新が遅れます。相変わらずのんびりな私たちでごめんなさい。
最新日記をチェックしたい時は、ここをクリックしてください。

のんびり引退した初代介助犬ニッキーと、2代目介助犬アルファの同居生活。
<< 孫ふたり? | main | ちょっと不思議 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

膀胱炎
 ニッキーさん、また膀胱炎になってしまった。ただいま、とっても頻尿。
 排泄に関しては潔癖で我慢強いニッキーの現役時代、私は長時間のイベントにも、海外旅行にも、安心して行くことができた(もちろん無理な我慢はさせない。失敗がまずないから安心という意味)。何度も旅行したニッキーは、8歳頃から、飛行機に乗ると水を貰っても口をつけない、という自己管理もするようになった。
 そんな長年の努力への恩返しに、今は私が気を遣い、ニッキーの様子をよく見て、何度もトイレに出しているけれど、今日は私の油断で失敗させてしまった。
 ニッキーがサッシ窓のところで控えめに「トイレに行きたい」と主張したのに、私は「さっきトイレに行ってから、まだ全然時間が経っていないから」とそれを却下。「でもトイレに行きたい」とまたサッシ窓に立つニッキーに寝室に行くように指示。
 自分の用事がもう少しで終わるところだったので、済んだらトイレに出してあげようと思っていたら、ニッキーは寝室で横になった姿勢から立ち上がる時に漏らしてしまった。これは完全に私のミスだ。
 お漏らしなんてプライドが許さないニッキーは、おしっこが出ているままとっさにマットに逃げ込もうとした。マットにおしっこが染み込んだら、後で掃除や洗濯が半端なく大変だ。
 ニッキーに落ち度はないけれど、大きな声で「ウェイト!」。
 ニッキーはその場で動きを止めてくれた。おしっこは止められなかったけど、布団でなくクッションフロアの床に水溜りができたから、ペットシートであっという間に掃除完了。

 あのニッキーが排泄を失敗するなんて、ほんの短い時間の我慢ができなくなったなんて、私にとっては悲しくて辛いことだ。膀胱炎が完治すれば改善されるにしても。
 でも、そんな状態のニッキーが、自然現象の最中でも「ウェイト」の指示に応えてくれたことは嬉しかった。そのおかげでハウスを汚さずに済み、掃除も簡単だった。
 現役時代は、排泄をしっかり我慢することで、私の行動を邪魔しないように協力してくれたニッキー。今日は、とっさの指示に応えたことで、掃除する私に最大限の協力をしてくれた。
 老いても弱っても、そして膀胱炎でも、ニッキーは変わらない。その時できるベストを尽くして協力してくれる。
 ありがとう、相棒。
| ニッキーのこと | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

スポンサーサイト
| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

[写真] 杖をくわえたニッキー
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>


↑応援してくれたら嬉しいです。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
PET ME!

いらっしゃいませ。招き猫です。
幸福を呼ぶ黒猫さんとマウスで遊んでね。


こちらは子犬さんです。
左側の箱からクッキーをあげると喜びます。
FLOWERS & STARS




MOBILE
qrcode
このページの先頭へ
前のページへ
(「相棒のAZ日記」へ)
ホームへ
(目次へ)
次のページへ
(リンクページへ)

(C)Yuki+Nicholas, http://blackdog.whitesnow.jp/ & http://kuroinu-nicky.jugem.jp/