*このページの内容は、「ふたりあるき」の日記と同じですが、時々更新が遅れます。相変わらずのんびりな私たちでごめんなさい。
最新日記をチェックしたい時は、ここをクリックしてください。

のんびり引退した初代介助犬ニッキーと、2代目介助犬アルファの同居生活。
<< セーターとマフラー | main | 寝姿 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

当たり前ですごいこと
 アメリカ育ちのニッキーは、お店の棚にある商品を(もちろん良識の範囲で)くわえて買い物を手伝ってくれたことが何度もあった。でも、日本で育ったアルファは、直接商品をくわえたことはない。
 目的の商品以外には触れさせない(犬が触れたものは必ず買う)、唾液がついてしまうタオルや生鮮食品は取らせない、とルールを守っても、周囲の人が見て不快に思うかもしれないから、日本ではなるべくさせないようにしている。
 大抵の時は、近くにいる人や店員さんに快く手伝ってもらえるから、困ったこともない。

 でも今日(正確には昨日)、閉店ぎりぎりの時間にスーパーに駆け込んで必要な買い物をし、ついでにお菓子が欲しいと思った時、その辺に人がいなかった。欲しいと思ったお菓子の袋は、電動車椅子からでは手が届かない位置にある。車椅子を移動させて取ろうとすると、床にある箱にぶつかってしまう。
 でも、アルファが端の袋だけうまくくわえ上げてくれれば、問題なく取れそう。
 まずは「ルック(見て)」と声をかけて、アルファの注意を私が指差した方に向けさせる。アルファさん、まず床に何か落ちたかと下を見て、リードが外れたのかとさらに真下を見て、それから棚のお菓子に目を向けた。そうそう、それだよ。
 いちばん端の袋に視線を誘導して、静かに「ゲット(取って)」と指示。特に重くもなくくわえにくくもないお菓子の袋を、アルファは簡単にくわえ上げて、すぐ私の右手に押しつけてくれた。グッド・ジョブ、あーちゃん。

 ニッキーから実質仕事を受け継いで、もう2年。物をそっとくわえることや私の手にうまく渡すことは、基本中の基本として日々繰り返しているから、できて当たり前。
 でも、こういう状況と事情で、私が何の心配もなく「アルならできる」と思えたことの方が、すごいことだと思う。
 携帯電話のストラップをくわえてハンマー投げのようにぶん投げたり、空き缶を落として自分でその音に飛び上がったりしていた新米アルファも、今は当たり前に、微妙な加減とか、並んだ物の中で私がこれと思ったひとつを選ぶことができるようになった。
 この子なら大丈夫、といつも100パーセント信じていられること。
 それがないと介助犬とパートナーの関係は成り立たない基本で、とても当たり前。だけどやっぱりすごい。
| 後輩アル | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

スポンサーサイト
| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

[写真] 杖をくわえたニッキー
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>


↑応援してくれたら嬉しいです。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
PET ME!

いらっしゃいませ。招き猫です。
幸福を呼ぶ黒猫さんとマウスで遊んでね。


こちらは子犬さんです。
左側の箱からクッキーをあげると喜びます。
FLOWERS & STARS




MOBILE
qrcode
このページの先頭へ
前のページへ
(「相棒のAZ日記」へ)
ホームへ
(目次へ)
次のページへ
(リンクページへ)

(C)Yuki+Nicholas, http://blackdog.whitesnow.jp/ & http://kuroinu-nicky.jugem.jp/