*このページの内容は、「ふたりあるき」の日記と同じですが、時々更新が遅れます。相変わらずのんびりな私たちでごめんなさい。
最新日記をチェックしたい時は、ここをクリックしてください。

のんびり引退した初代介助犬ニッキーと、2代目介助犬アルファの同居生活。
<< すずめと犬 | main | 今年の桜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

あれから3年
 3年前の今日、アルファは初めて我が家にやって来た。ニッキーの後継犬候補としての「お見合い」だった。無邪気でまだまだコドモ。基礎訓練を終えて、物をくわえたり紐を引いたりの動作を覚え始めた頃だったかな。
 その後、6月24日に正式な後継犬候補として共同訓練が始まり、アルファはうちの子になった。

 あの時、もうすぐ2歳だったアルは、10日後には5歳になる。
 あの時、訓練前の陽気な若犬だったアルは、世界一の介助犬ニッキーの後を継いで、世界で2番目の介助犬になった。
 あの時、ニッキーに避けられていたアルが、今はニッキーと一緒のマットに寝ている。
 あの時、ニッキーを押しのける存在に思えて、ちっともかわいくなかったアルが、今は大切な2代目相棒になった。

 3年って、長い時間なんだなぁ、とふと思う。
 自分の年齢が増えるにつれて、1年も5年も10年もあっという間に過ぎるようになったけれど、日々たくさんのことを吸収し、日々変化するアルファが来たことで、1日も、3年も、ずっと濃く、じっくりと過ぎるようになった。
 初代介助犬ニッキーとのトレーニングや生活は、夢中だったからやっぱりあっという間に過ぎたけど、アルファの成長や個性をじっくり楽しめるのは、2度目の余裕かな。
 3年間、長くて楽しかったね。アルくん、うちの子になってくれてありがとう。
 最近は普通に介助犬らしく落ち着いてしまったアルだけど、これからも、感動や発見や成長や驚きがたくさんだといいな。こんなに楽しい相棒との時間が、あっという間に過ぎてしまうんじゃ、もったいないから。
 記念日のプレゼントは、母が来て丁寧にシャンプーしてくれたこと。アル本犬はあまり嬉しくなかったかな。誕生日には何かおいしいものをあげるからね。

[写真]本屋でのスナップ、アルファの笑顔。
 それにしても、アルくん。
 3年前の君の鼻は黒かったのに…いつの間にピンクに…。
| 後輩アル | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

スポンサーサイト
| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

[写真] 杖をくわえたニッキー
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>


↑応援してくれたら嬉しいです。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
PET ME!

いらっしゃいませ。招き猫です。
幸福を呼ぶ黒猫さんとマウスで遊んでね。


こちらは子犬さんです。
左側の箱からクッキーをあげると喜びます。
FLOWERS & STARS




MOBILE
qrcode
このページの先頭へ
前のページへ
(「相棒のAZ日記」へ)
ホームへ
(目次へ)
次のページへ
(リンクページへ)

(C)Yuki+Nicholas, http://blackdog.whitesnow.jp/ & http://kuroinu-nicky.jugem.jp/