*このページの内容は、「ふたりあるき」の日記と同じですが、時々更新が遅れます。相変わらずのんびりな私たちでごめんなさい。
最新日記をチェックしたい時は、ここをクリックしてください。

のんびり引退した初代介助犬ニッキーと、2代目介助犬アルファの同居生活。
<< 公園の出会い | main | 新月の願いごと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

電話違い
 昨日の夜、寝ようとしたところで、携帯電話をリビングに置き忘れていたことに気づいた。アルファに持ってきてもらう。
「アル、ゴー、ゲット・セル(あっちへ行ってケイタイを持ってきて)」
 アルファは、言葉よりも私の目線や動きから判断する癖があるから、私の姿が見えない場所で何かをすると、意外なミスをする。捜すものが見当たらない時はさっさと諦めて、適当に別のものを持ってくる。
 心配したとおり、アルファはリビングに駆け込んだものの、テーブルの上にあるケイタイが目に入らず、固定電話の子機をくわえてきた。
 黙って子機を受け取り、リビングの充電器に戻した。でも、アルファはまだ、さっきの指示を終わらせていないから、もう一度寝室の同じ場所に戻り、「ゴー、ゲット・セル」。
 今度はアルファ、かちゃかちゃ爪の音をさせながら、リビングを歩き回っている。ケイタイを捜しているんだろう。それでも見つけられなかったようで、結局また子機をくわえてきた。
 もう一度やり直し。今度は寝室からアルファを送り出した後で、リビングの入り口までついていく。
 ケイタイを捜すアルがテーブルの側に行った時「ルック・アップ(上を見て)」とヒントを出した。アルは顔を思いっきり上げて、ケイタイを発見! 前足をテーブルにかけて立ち上がり、ストラップをくわえて、持ってきてくれた。
「グッド・ボーイ!」失敗の後の成功もしっかり褒める。最後にもう一度、最初と同じ条件で成功させた。
 寝室からケイタイを持ってくる時は、注意深くベッドやデスクや床をチェックできるアルさん。リビングでもパソコンラックやソファにあれば見つけられるのに、犬の目線より高いテーブルの上は見落とした。
 人間が「似たようなこと」と思っていても、犬にとってはそうじゃないんだね。
 捜すものが見つからないと勝手に他のものを持ってくるのは、アルファのよくない癖のひとつ。でも切り替えの早さという長所の表れでもある。失敗を引きずらない、繰り返さない。
 だからこそ、失敗したら次に成功させて、すっきりと教えてあげるのがハンドラーの私の役目。

 こういう失敗があると「自分でケイタイ持ってきた方が早かった!」と思う。介助犬は便利だとは限らない。
 それでも私は、道具や人の介助より犬を選ぶ。介助犬との暮らしには、こんな楽しみも喜びもあるから。
| 後輩アル | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

スポンサーサイト
| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

[写真] 杖をくわえたニッキー
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>


↑応援してくれたら嬉しいです。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
PET ME!

いらっしゃいませ。招き猫です。
幸福を呼ぶ黒猫さんとマウスで遊んでね。


こちらは子犬さんです。
左側の箱からクッキーをあげると喜びます。
FLOWERS & STARS




MOBILE
qrcode
このページの先頭へ
前のページへ
(「相棒のAZ日記」へ)
ホームへ
(目次へ)
次のページへ
(リンクページへ)

(C)Yuki+Nicholas, http://blackdog.whitesnow.jp/ & http://kuroinu-nicky.jugem.jp/