*このページの内容は、「ふたりあるき」の日記と同じですが、時々更新が遅れます。相変わらずのんびりな私たちでごめんなさい。
最新日記をチェックしたい時は、ここをクリックしてください。

のんびり引退した初代介助犬ニッキーと、2代目介助犬アルファの同居生活。
<< 夜勤介助犬 | main | パンク! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

メッセージとプレゼント
 最近連続して読んだ、2冊の本。1冊は日本人の著者が書いた最近の本で、続けて読んだもう1冊はアメリカ人の著者が50年ぐらい前に書いた本の翻訳。文体もジャンルも全く違う。共通点は、どちらも今まで読んだことのない作家の本で、どちらも最近急に知ってどうしても読みたくなった、という、私の側の個人的な事情だけ。
 ところが、1冊目の本で私が惹かれた一文とよく似た文章を、続けて読んだ2冊目の中にも見つけた。さらに読み進めて、テーマが違う2冊の本から受け取るものが、私の中でひと続きのメッセージのような気がした。
 偶然だけど、面白い。こういう不思議は大好き。
 それに、2冊の本から何となくメッセージを感じた今日は、私の誕生日。もしかしたらこれが、今後1年か数年の私にとって大切なこと? そんなことを考えるのも楽しい。

 せっかくだから、同じ作家の他の本も読んでみたいと思って、古本屋に寄ってみた。お目当ての本は見つからなかったけれど、あれこれ物色していると、いつの間にか足元に、「犬の開き」が。アルさん、リラックスしてますね。
[写真]左右対称になって床に寝ているアルファ。

 そして、リラックスする一方で、やる時はやる! のがうちのアルファ。
 大きな交差点を渡る時、青信号の時間を延長してくれるボタンだけれど、視覚障害者がメインで使うものだから、車椅子からは手が届きづらい位置にある。
 鼻プッシュが得意で、でかいから高いボタンにも届くアルさん。出っ張りのないボタンを押すのは分かりにくくて、最近まで失敗も多かったけれど、ボタンをちゃんと押せた時にピピピ…と鳴る電子音の意味を自分で理解して、正確に押し、電子音を確認して得意げに私を振り返るようになった。
 こんな成長も、今日は「プレゼント」のように感じられて嬉しい。
 あーちゃん、ありがとう。

[写真]立ち上がって、横断歩道の押しボタンを鼻で押すアルさん。
| できごと | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

スポンサーサイト
| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

[写真] 杖をくわえたニッキー
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>


↑応援してくれたら嬉しいです。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
PET ME!

いらっしゃいませ。招き猫です。
幸福を呼ぶ黒猫さんとマウスで遊んでね。


こちらは子犬さんです。
左側の箱からクッキーをあげると喜びます。
FLOWERS & STARS




MOBILE
qrcode
このページの先頭へ
前のページへ
(「相棒のAZ日記」へ)
ホームへ
(目次へ)
次のページへ
(リンクページへ)

(C)Yuki+Nicholas, http://blackdog.whitesnow.jp/ & http://kuroinu-nicky.jugem.jp/