*このページの内容は、「ふたりあるき」の日記と同じですが、時々更新が遅れます。相変わらずのんびりな私たちでごめんなさい。
最新日記をチェックしたい時は、ここをクリックしてください。

のんびり引退した初代介助犬ニッキーと、2代目介助犬アルファの同居生活。
<< すごいかも | main | 犬たちの場所 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

今日から10年目
 丸9年。数字にすると大した重みがないような、丸9年。
 今日で、ニッキーが来てから丸9年が経ち、10年目に入った。「丸9年」よりも「10年目」の方が何だか立派に見えるのは、やっぱり2桁だから?
 誕生日と違って、毎年特に何をすることもなく過ぎてしまう「同居記念日」。でも、「ああ、今日から10年目だ」と思うと何だかちょっと特別な感じ。

[写真]1998年のニッキー。
*9年前のニッキー、白髪は全くなく、真っ黒!

 ニッキーに仕事をさせるのは10歳まで、と決めていたから、去年後継ぎになる候補犬を迎えた(ニッキーはその後もしばらくハーネスをして働いたけれど)。いよいよ引退させると決めた時、私の口から出た言葉は、「楽しかったね」だった。
 ニッキーは言葉がよく分かり、何より私の気持ちを繊細に読む犬だから、きちんと「これから法律上の介助犬としては引退すること・最後まで我が家の家族として一緒に過ごすこと・これからは今までより自由に過ごしていいこと」を話して伝えた。その時、多分「ありがとう」とか「長い間ご苦労様」とか、そういう言葉をかけると思っていたのに、実際には「楽しかったね」。
 いろんな場所に行けたからとか、いろんなことがあったからではなくて(それも楽しかったけど)、分身のように気持ちが通じるニッキーと行動していたのは、本当に楽しかった。陽気なニッキーが感じる楽しさに私も共鳴する。
 ハーネスを後輩に譲っても、私達の関係が変わるのではないから、しんみりと「ありがとう」と言うのはまだ先でいいよね。それに、何も苦労を感じていなかったニッキーに「ご苦労様」も似合わない。
 ニッキー、あちこちに出かけた働き盛りの時期だけでなく、車椅子ごと引きずられたり、部屋の中で大量にうんこされたりした時代も、アリゾナで過ごした訓練時代も、一緒に過ごした時間はどの断片も楽しかったね。本当に楽しかったよね。これからもずっと楽しいはず。
 誰よりも楽しくて、濃く深い時間を重ねて、10年目。私とニッキーだけが知っている、共有した時間。

 ニッキー、10回目の今日だよ。
 これから10回目の春や、10回目の夏や秋や冬が来て、楽しい時間がどんどん積み重なるはず。これから何度もこの日が迎えられるように、元気でいてね。来年の10周年はおいしいものでお祝いしようね。
 そして、いつか元気でなくなっても、しぶとく生き続けてね。今度は私が、そして家族が君を支えるから。
| ニッキーのこと | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

スポンサーサイト
| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

[写真] 杖をくわえたニッキー
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>


↑応援してくれたら嬉しいです。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
PET ME!

いらっしゃいませ。招き猫です。
幸福を呼ぶ黒猫さんとマウスで遊んでね。


こちらは子犬さんです。
左側の箱からクッキーをあげると喜びます。
FLOWERS & STARS




MOBILE
qrcode
このページの先頭へ
前のページへ
(「相棒のAZ日記」へ)
ホームへ
(目次へ)
次のページへ
(リンクページへ)

(C)Yuki+Nicholas, http://blackdog.whitesnow.jp/ & http://kuroinu-nicky.jugem.jp/