*このページの内容は、「ふたりあるき」の日記と同じですが、時々更新が遅れます。相変わらずのんびりな私たちでごめんなさい。
最新日記をチェックしたい時は、ここをクリックしてください。

のんびり引退した初代介助犬ニッキーと、2代目介助犬アルファの同居生活。
<< よく見て! | main | ドアの開け方 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

いきなり本番!
 引っ越しが完了しない新居で、今日は雑誌の取材を受けた。引退犬と後輩犬が同居する生活、がテーマ。ライターのYさんと、カメラマンのHさんが来てくれた。
 実際にはまだ住んでいない家で仕事をすることになった我が介助チーム。私はニッキーと**なら、それも簡単にできると思っていた。でも意外にも候補犬がリビングのドアが開けられずに困った顔をする。見ていたニッキーがさっさとドアを開けてしまった。ニッキー、今日の君は「優雅な生活を送る引退犬」として取材されるんだけど、わかってる?
 こういうところが経験値の差なんだね。ニッキーは私とどこにでも行ってたくさんの場所で仕事をしてきた。だから初めてのことでもほぼ正確に私の要求を理解し、経験からドアの開け方や押すべきボタンの場所などなどの見当をつけることができる。候補犬はこれから経験を積むところ。新居でいきなり仕事をさせてみて、そういうことに納得がいった。
 でも候補犬くん、得意科目のスロープの引き上げは完璧! パティオから部屋まで、私の車椅子を引き上げ、上手に部屋の中まで引き込んでくれた。
 候補犬は落ち着いて、自信ありげにしっぽを高く振りながら、真っ直ぐに車椅子を動かした。以前は足元ががたがたする簡易スロープを嫌がったのに、今はちっとも気にしていないのも頼もしい。この仕事に限ればニッキーより上手だ。
 力が要るスロープの引き上げと立ち上がり補助、そして後ろ足に負担がかかる高い位置のスイッチ操作は、候補犬が担当。冷蔵庫からボトルを持ってきたり、携帯電話や眼鏡を運んだりは、ニッキーが貫禄の仕事ぶりを披露。
 慣れない新居で候補犬がうまくできない時、Yさんは「ニッキーでやりましょう」と当然のように言い、眼鏡を運ぶ写真を撮る時も「じゃあ私の眼鏡を使いましょう。ニッキーは傷つけないはずだから」と言う。その信頼にニッキーはちゃんと応えた。やっぱりこの子はすごいかも?
 出番がないとYさんにお尻をすりすりして甘えたり、Hさんにお腹を見せたりしていたけれど、2頭ともよくできました!
 以心伝心のニッキーと元気でパワフルな**、この2頭が両方ともいてくれる幸せを感じた一日。
| できごと | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

スポンサーサイト
| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

[写真] 杖をくわえたニッキー
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>


↑応援してくれたら嬉しいです。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
PET ME!

いらっしゃいませ。招き猫です。
幸福を呼ぶ黒猫さんとマウスで遊んでね。


こちらは子犬さんです。
左側の箱からクッキーをあげると喜びます。
FLOWERS & STARS




MOBILE
qrcode
このページの先頭へ
前のページへ
(「相棒のAZ日記」へ)
ホームへ
(目次へ)
次のページへ
(リンクページへ)

(C)Yuki+Nicholas, http://blackdog.whitesnow.jp/ & http://kuroinu-nicky.jugem.jp/