*このページの内容は、「ふたりあるき」の日記と同じですが、時々更新が遅れます。相変わらずのんびりな私たちでごめんなさい。
最新日記をチェックしたい時は、ここをクリックしてください。

のんびり引退した初代介助犬ニッキーと、2代目介助犬アルファの同居生活。
<< くっつき写真 | main | よく見て! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

家具を買う
 家族で買い物に。去年横浜にできたIKEAで、テーブルとパソコンデスクを買った。帰りの荷物が大きくなるので、珍しく犬達は留守番。
 レストランコーナーでスウェーデン風のミートボールなるものを食べてみたいと思ったものの、ニッキーと**と猫たちが待っているから、買うと決めてあったものだけ急いで買って大急ぎで帰宅した。

 前の部屋ではこたつで食事をしていた。でも、キッチンと畳の段差を越えて食器を運び、こたつに置くのは結構大変。中腰になった時にバランスを崩して転ぶことも多く、座椅子での食事はどうしても足が突っ張って辛かった。
 パソコンは書き物用の両袖机の上にあり、高さが合っていなかったので、一昨年の4月からパソコンに向かって作業することが増えたら、肩や腰が痛くなった。
 15年前にひとり暮らしを始めた頃は、少々の無理も平気だったし、その無理こそが楽しかったりもしたけれど、今は、身体の負担を最小限に抑えたい。だからテーブルとパソコンデスクだけは使いやすいものに変えることにした。
 ドアと床を少し工夫したので、調子が悪い時は室内で車椅子を使うこともできる。バリアフリーとはとても言えないながら、優秀な介助チーム・ニッキーと後輩くんがいれば、日常生活は身体を労わりつつできそうだ。
 身体を大切にする、というのは当たり前のようで、実は私にはとても抵抗があった。世の中の「健康志向」は「健康でなければ楽しく生きられない日本の社会」の反映のようにも思える。子供の頃「歩けなければ学校に行けないよ」「歩けないと仲間はずれになるよ」と言われて、リハビリさせられたことを思い出す。
 それでも、不自由な身体を否定されるのが嫌だったからこそ、自分のこの身体を大切にいとおしんでいきたい、とこの頃は思うようになった。引っ越しを機に少し、身体にも優しい暮らしになるといいな。
 ニッキー、**、君達が助けてくれるのも、とってもありがたいよ。新居でもよろしくね。
| できごと | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

スポンサーサイト
| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

[写真] 杖をくわえたニッキー
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>


↑応援してくれたら嬉しいです。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
PET ME!

いらっしゃいませ。招き猫です。
幸福を呼ぶ黒猫さんとマウスで遊んでね。


こちらは子犬さんです。
左側の箱からクッキーをあげると喜びます。
FLOWERS & STARS




MOBILE
qrcode
このページの先頭へ
前のページへ
(「相棒のAZ日記」へ)
ホームへ
(目次へ)
次のページへ
(リンクページへ)

(C)Yuki+Nicholas, http://blackdog.whitesnow.jp/ & http://kuroinu-nicky.jugem.jp/