*このページの内容は、「ふたりあるき」の日記と同じですが、時々更新が遅れます。相変わらずのんびりな私たちでごめんなさい。
最新日記をチェックしたい時は、ここをクリックしてください。

のんびり引退した初代介助犬ニッキーと、2代目介助犬アルファの同居生活。
<< 真似しないで | main | 2頭の距離 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

ちいさなしあわせ?
 着替えもせず部屋着のまま、ニッキーと夜の散歩。
 今日のニッキーさんは便秘気味で、しばらく歩いた後、空き地の隅でじっと踏ん張ってようやく出すものを出してくれた。仕上げなければならない課題も引っ越し準備もあるので、ブツをビニール袋に拾い、すぐに引き返す。
 帰り道で再びニッキーは、そわそわと排泄したい様子になった。「オーケイ、ゴー・パティ(トイレに行きなさい)」と指示すると、その場(道の端)で再び踏ん張り、ころんとしたブツを出した。排泄だって指示した時にできれば「グッド!」と褒める。ニッキーは出すものを出してすっきりしたのと、褒められて気分がいいのとで、しっぽを高速で振った。
 ところが、今夜に限って予備の袋がない!
 車椅子のポケットを探り、広告の紙を見つけて、ころんと固めのブツをつまみ取った。紙が小さかったのでうまく包み込むことができず、右手で紙に挟んだブツを持ったまま家に向かう。
 左手で車椅子を動かし、右腕の内側で補助して、そろそろと進む。アパートの前の段差でちょっと困ってしまった。片手が使えない状態でどうやって段差とそこから更に上がる傾斜を上る?
 利き手の右から左にブツを持ち換えようとしたが、左手では落としてしまいそうだし、ひざに乗せても紙が開いてヒサンなことになりそう。右手でブツを持ったまま、左手の動きと全身のバランスで、前輪を上げて段差を上がる…私にとっては結構大変だ。前輪を上げようとする瞬間に足も上体も突っ張って、バランスを崩してしまう。
 後ろに転ぶことだけはないように、勢いを加減して何とか前輪を段差に乗せた。こうなれば後は、ニッキーの力を借りて片手でも傾斜を上れるはず。「ニッキー、タグ・マイ・チェア(車椅子の紐を引いて)」
 ニッキーは私の正面より少し左に立ち、紐をくわえ、いつものように真っ直ぐ車椅子を引き上げようとした。私が利き手の右を使えないので、左側の車輪だけが動いて車椅子が右にそれる。
 少し引く方向を変えさせなくちゃ…と思ったら、私が指示する前にニッキーは左に移動し、車椅子を真っ直ぐに引き上げてくれた。見事な判断、さすが。
「グッド・ボーイ! ありがとう、ニッキーのお陰で片手でも上れたよ!」
 もとはと言えばニッキーの予想外の2度ウンのせいで苦労したのに、そのことはすっかり忘れて喜ぶ私と、つられて喜ぶニッキーだった。ある意味しあわせ。
| できごと | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

スポンサーサイト
| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

[写真] 杖をくわえたニッキー
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>


↑応援してくれたら嬉しいです。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
PET ME!

いらっしゃいませ。招き猫です。
幸福を呼ぶ黒猫さんとマウスで遊んでね。


こちらは子犬さんです。
左側の箱からクッキーをあげると喜びます。
FLOWERS & STARS




MOBILE
qrcode
このページの先頭へ
前のページへ
(「相棒のAZ日記」へ)
ホームへ
(目次へ)
次のページへ
(リンクページへ)

(C)Yuki+Nicholas, http://blackdog.whitesnow.jp/ & http://kuroinu-nicky.jugem.jp/