*このページの内容は、「ふたりあるき」の日記と同じですが、時々更新が遅れます。相変わらずのんびりな私たちでごめんなさい。
最新日記をチェックしたい時は、ここをクリックしてください。

のんびり引退した初代介助犬ニッキーと、2代目介助犬アルファの同居生活。
<< 飛びのく! | main | 友来る >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

今日の買い物
 今日は新しいお店で許可を得て、候補犬くんと買い物。先輩ニッキーの散歩を先に済ませ、バックパックを着けた候補犬を連れて出た。世界の全てに興味津々な候補犬くんが私に集中できるように、ヒールやシットの指示を出したり、急に止まったり方向転換したり、比較的近いお店に遠回りで向かう。
 途中の段差では車椅子を引き上げてもらった。ニッキーより身体が大きく力のある候補犬は、私にとっては高めの段差でも一気に引き上げてくれる。
 私ひとりの力では上れない段差、犬が強く引いただけでも上れない段差。ニッキーとなら息がぴったり合うのに、この子とはまだまだ息が合わず、最初はタイミングがずれたけれど、2度目には力を合わせて段差を越えることができた。
「**ちゃん、ありがとう。グッド!」

 でも、今日はレジに品物を渡す動作がなかなかうまくできない(本来はレジ台に犬の前足をかけさせたりしないのだけれど、練習のためにお店に許可をもらった)。薬用のど飴(この季節の必需品!)のパッケージをくわえさせ、アップ(立ち上がって前足をかけて)の指示をすると、立ち上がると同時に飴を落としてしまう。「ノー、もう一度」
 一度叱られてやる気を失ってしまった候補犬は、座って固まったきり、私の指示が聞こえないふりをしている。こうなると犬と人間の根競べになるのだが、場所がお店のレジだけに、他の人のことも気になって、あせってしまう。
 その時。お店にいた人が「大丈夫、ゆっくりで平気」と、私に声をかけてくれた。左目が見えない私は、その人の姿を確認できなかったけれど、優しい言葉が嬉しかった。ゆっくりで平気だと思い、一度深呼吸をして、候補犬と目を合わせてから指示を出す。今度はどうにかくわえたものをレジ台に置くことができた。「グッド!」
 候補犬が指示どおりの仕事をしてくれたことと、それをずっと見守ってくれた人がいたこと、両方が嬉しかった。
| 後輩アル | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

スポンサーサイト
| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

[写真] 杖をくわえたニッキー
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>


↑応援してくれたら嬉しいです。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
PET ME!

いらっしゃいませ。招き猫です。
幸福を呼ぶ黒猫さんとマウスで遊んでね。


こちらは子犬さんです。
左側の箱からクッキーをあげると喜びます。
FLOWERS & STARS




MOBILE
qrcode
このページの先頭へ
前のページへ
(「相棒のAZ日記」へ)
ホームへ
(目次へ)
次のページへ
(リンクページへ)

(C)Yuki+Nicholas, http://blackdog.whitesnow.jp/ & http://kuroinu-nicky.jugem.jp/