*このページの内容は、「ふたりあるき」の日記と同じですが、時々更新が遅れます。相変わらずのんびりな私たちでごめんなさい。
最新日記をチェックしたい時は、ここをクリックしてください。

のんびり引退した初代介助犬ニッキーと、2代目介助犬アルファの同居生活。
<< 候補犬とお出かけ | main | お客さまと犬猫 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

楽しい夢?
 実家の向かいにあるデイケアセンターにはフェンスで囲まれた芝生の中庭があって、9時から5時まで門が開き、近隣の人に解放されている。涼しくなった今は時々、犬達と遊ぶのに使わせてもらう。特にシニア年齢のニッキーには、自由運動が何より。
 いい年をして相変わらずハイテンションなニッキーさんは、広めの場所で「リリース(自由にしていいよ)!」と言われると、好きなように駆け回る。途中で軽いボール遊びや呼び戻しをしたりしてしばらく遊ぶ。
 リードを着けた散歩では、ハーネスを着けていなくても私の車椅子に歩調を合わせてくれるニッキーを、たまには彼自身のペースで自由に遊ばせてあげたい。リードなしで安全に、ニッキーと私のふたりきりで遊べるこの場所はとても貴重だ。
 7年前にはツーソンで、向こうが見えないほど広いグラウンドを力いっぱい駆け回っていたニッキーが、もうすぐ11歳の今はこんな小さな庭で喜んで遊んでいる。それは相棒として、ハーネスを後輩に譲ること以上に淋しくはあるけれど、遊ぶニッキーの表情は今も、生き生きとして楽しそうだ。無理なジャンプはしないけれど今もボールは大好き。
 今日は忙しかったので、お向かいの中庭には行かなかった。でも、深夜私の足元で寝ていたニッキーが、突然リズミカルに手足を動かし始めた。あの芝生で遊ぶ夢を見ているの? それともツーソンで遊んだ頃の夢かな?
 手足が規則的に動いていたのは、きっと夢で駆け回っていた時。それからぴょんぴょん跳ぶような動きをしたから、ボールを追っていたんだろう。最後にニッキーのしっぽがばしばし振られた。ボールをくわえて得意満面で駆け戻ったらしい。
 ニッキー、明日は夢でなくて本当に、芝生で遊ぼうね。

 ニッキーは、どんな仕事も、アリゾナの暮らしも東京の暮らしも楽しんだ犬。いつもいつもしっぽを振り、「グッド・ボーイ!」の言葉に全身で喜びを表した犬。彼にとっては10歳の秋も、ハーネスのない日々も、これから続く季節も、きっと全てが楽しいのだ。
 楽しい夢を見ているらしい相棒を、いとおしく見守る夜。
| ニッキーのこと | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

スポンサーサイト
| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

[写真] 杖をくわえたニッキー
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>


↑応援してくれたら嬉しいです。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
PET ME!

いらっしゃいませ。招き猫です。
幸福を呼ぶ黒猫さんとマウスで遊んでね。


こちらは子犬さんです。
左側の箱からクッキーをあげると喜びます。
FLOWERS & STARS




MOBILE
qrcode
このページの先頭へ
前のページへ
(「相棒のAZ日記」へ)
ホームへ
(目次へ)
次のページへ
(リンクページへ)

(C)Yuki+Nicholas, http://blackdog.whitesnow.jp/ & http://kuroinu-nicky.jugem.jp/