*このページの内容は、「ふたりあるき」の日記と同じですが、時々更新が遅れます。相変わらずのんびりな私たちでごめんなさい。
最新日記をチェックしたい時は、ここをクリックしてください。

のんびり引退した初代介助犬ニッキーと、2代目介助犬アルファの同居生活。
<< 成長中 | main | すごい顔… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

杖の持ち方
 雄のラブラドールとしてはやや小柄なニッキーさん。細身ながら背の高い弟分と並ぶと、頭の位置が数センチ低い。そんなニッキーに杖を持ってきてもらった。
 ニッキーは杖をくわえる時、木製の持ち手部分をくわえるか、真ん中(重心)に巻いた包帯のところをくわえるかを自分で判断する。
 離れた場所から運んでくる時は真ん中をくわえて杖を横にして運び、私の歩行中(室内のみだけど)に杖が倒れた時は、持ち手をくわえてなるべく私の手の近くに届くようにしてくれる。杖の真ん中をくわえて運んでいて、途中で家具や壁に杖がぶつかってしまうと、一旦放して持ち手をくわえ直し、斜めに引きずって運ぶやり方に変更することもある。
 最初は持ち手ばかりくわえていたニッキーに、真ん中もくわえられると訓練で教えたけれど、使い分けはニッキーが自分で(楽をしようとして?)勝手に決めた。失敗もあったもののまあうまく行っているかな。
 ところが今日は、何故かいつもなら持ち手をくわえてくる場面で、杖の真ん中をくわえて持って来ようとするニッキー。横に長くくわえた杖を、椅子にぶつけてしまった。しかも、ベテランらしくなく、もう一度杖の真ん中をくわえてやり直して、同じ失敗を繰り返した。杖をくわえたまま、何となく腑に落ちないような様子。
 候補犬が同じようにしても、背が高いからこの椅子にも低いテーブルにも杖は当たらない。だから候補犬には今のところ、杖の真ん中だけをくわえさせている。ニッキーったら、それを見て、自分も杖の真ん中をくわえてもぶつけないと思ってしまったんだろうか? そんな訳ないと思うけど、もしもそうだとしたら、いつも後輩に真似されているニッキーが逆に真似した訳で、面白い。
 あれは背が高い**ちゃんだから出来るワザなんだよ。にっちゃんは今までどおり、ぶつからないように工夫して持ってきてね―と言っても解らないだろうな。失敗から自分で学習してくれるのを待とう。
| ニッキーのこと | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

スポンサーサイト
| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

[写真] 杖をくわえたニッキー
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>


↑応援してくれたら嬉しいです。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
PET ME!

いらっしゃいませ。招き猫です。
幸福を呼ぶ黒猫さんとマウスで遊んでね。


こちらは子犬さんです。
左側の箱からクッキーをあげると喜びます。
FLOWERS & STARS




MOBILE
qrcode
このページの先頭へ
前のページへ
(「相棒のAZ日記」へ)
ホームへ
(目次へ)
次のページへ
(リンクページへ)

(C)Yuki+Nicholas, http://blackdog.whitesnow.jp/ & http://kuroinu-nicky.jugem.jp/