*このページの内容は、「ふたりあるき」の日記と同じですが、時々更新が遅れます。相変わらずのんびりな私たちでごめんなさい。
最新日記をチェックしたい時は、ここをクリックしてください。

のんびり引退した初代介助犬ニッキーと、2代目介助犬アルファの同居生活。
<< 今日は黄色 | main | お揃い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

ちょっと違う鍵
 先日見つけられなかった本を探して本屋へ。お目当ての本を見つけられないままトイレに行きたくなり、車椅子対応の広いトイレに駆け込んだ。
 ここのトイレはレバー式の鍵ではなく、大きな掛け金を回転させてがちゃりとはめ込むタイプ。ニッキーには出来ないだろうと思って、車椅子を回転させてドアに寄せ、右手でどうにか鍵をかけた。でもトイレを出る時は、ニッキーはいつものように自分が鍵を開けようと、掛け金を鼻でつつき、それでも動かないと分かると前足で押し始めた。
「にっちゃん、その鍵は無理だよ」と言ってもやめようとしない。掛け金とレバーは見た目がちょっと似ているから、ニッキーはこれがいつも開けるレバー式の鍵だと思いこんでいるのか、絶対開けられる! と自信があるようで、何度も繰り返している。
 やめさせるのは簡単、「ノー」と言えばいい。でも、ニッキーの前足タッチで掛け金は動いているし、本犬やる気だし、もしかしたら本当に開けられるかも?
 少し見守っていよう…と思っていると、ニッキーは、前足で押すのをやめ、今度はまた鼻先で掛け金を下から押し上げた。
 さっきはしっかり閉まっていたから動かなかったけれど、前足タッチで少し動いた掛け金は、今度はうまく押し上げられ、穴から外れてくるんと動いた。鍵開け、成功!
「グッド! すごいね、この鍵も開けられたよ」教えたこともない、いつもと違う鍵を、自分で考えて開けてしまったニッキー。もちろん思いっきり褒めた。
 嬉しかったから、トイレの外に誰も待っていないのを確認してから、荷物からデジカメを出し、ニッキーが掛け金を回す姿を撮影することにした。カメラを構えて「ニッキー、スイッチ(前足で押して)」と声をかける。
 すると、一度やり方を覚えたニッキーは、まるで毎日やっていることのように、まず強く前足で掛け金を押し、斜めになったところで鼻先を使って押し上げて、いとも簡単に鍵を開けてみせた。

[写真]トイレの鍵を開けるニッキー、本日撮影。

 介助犬として私の外出に付き添う仕事は、もうすぐ後輩に譲る予定のニッキー。今さら外出先での新しい仕事を覚えても意味はないかもしれない。でも、10歳を過ぎたニッキーが、新しいことを楽しみ、考えて問題を解決し、仕事をしながら誇らしくしっぽを振るのは、素敵なことだよね。
 結局、探していた本は見つからなかったけれど、ニッキーと一緒に私もしっぽを振りたいような気分で、寄り道して帰った。

[写真]いつもの赤いベストを着けてポーズするニッキー。
| ニッキーのこと | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

スポンサーサイト
| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

[写真] 杖をくわえたニッキー
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>


↑応援してくれたら嬉しいです。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
PET ME!

いらっしゃいませ。招き猫です。
幸福を呼ぶ黒猫さんとマウスで遊んでね。


こちらは子犬さんです。
左側の箱からクッキーをあげると喜びます。
FLOWERS & STARS




MOBILE
qrcode
このページの先頭へ
前のページへ
(「相棒のAZ日記」へ)
ホームへ
(目次へ)
次のページへ
(リンクページへ)

(C)Yuki+Nicholas, http://blackdog.whitesnow.jp/ & http://kuroinu-nicky.jugem.jp/