*このページの内容は、「ふたりあるき」の日記と同じですが、時々更新が遅れます。相変わらずのんびりな私たちでごめんなさい。
最新日記をチェックしたい時は、ここをクリックしてください。

のんびり引退した初代介助犬ニッキーと、2代目介助犬アルファの同居生活。
<< 痛い! | main | 三者三様 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

正装
 とある用事で外出。ニッキーのベスト(これまでケープと書いていたが、同じく介助犬と暮らすアメリカの友人に聞くと、一般的にベストと呼ばれるスタイルなのだそうだ)が雨で湿っていたので、しばらく使っていなかったハーネスを着けた。リードもハーネスとセットのアメリカ製のものを着ける。
 ずっと使い続けてきたハーネスとリード、これが介助犬ニコラスの「正装」。身につけるとニッキーは、相変わらずお気楽ながらどことなく気合が入った感じ。長年使ってきたハーネスは、ある種の自覚を思い起こさせるものなんだろう。
 雨は降るし、(私が)怪我をしそうになるし、駅でトラブルに遭うし、バス停を間違えて迷子になるし、史上最悪に近い散々な目に遭ったけれど、ニッキーは見事に支えてくれた。迷って立ち止まると私をじっと見上げて指示を待ち、何度も何度も同じ場所を回ってへとへとになった時、久しぶりにハーネスを使って私の車椅子を引いてくれた。
 10歳5ヶ月のニッキーは今でも車椅子を引くのが好き。しっぽを高く上げ、得意げに前を見て進む。「グッド! グッド!」そんなニッキーを思い切り褒める。
 目的地に着くと、何度も会っている知り合いにへらへら愛想を振り撒いて、一見ハーネスを忘れたようにも見えた。でも、かなり歩いたのに疲れた様子も見せず、ペンを拾い、ボタンを押す動作も生き生きとしている。初めての場所で見慣れないドアもちゃんと見つけてくれる。
 白髪は増えてもまだまだ現役! 今でも仕事を楽しんでくれ、自信のある表情なのが頼もしい。年齢なりに気遣うことも必要だけれど、年寄り扱いや甘やかしは要らない。仕事をする犬には、やっぱりそれなりのプライドがあるのだ。
| ニッキーのこと | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

スポンサーサイト
| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

[写真] 杖をくわえたニッキー
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>


↑応援してくれたら嬉しいです。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
PET ME!

いらっしゃいませ。招き猫です。
幸福を呼ぶ黒猫さんとマウスで遊んでね。


こちらは子犬さんです。
左側の箱からクッキーをあげると喜びます。
FLOWERS & STARS




MOBILE
qrcode
このページの先頭へ
前のページへ
(「相棒のAZ日記」へ)
ホームへ
(目次へ)
次のページへ
(リンクページへ)

(C)Yuki+Nicholas, http://blackdog.whitesnow.jp/ & http://kuroinu-nicky.jugem.jp/