*このページの内容は、「ふたりあるき」の日記と同じですが、時々更新が遅れます。相変わらずのんびりな私たちでごめんなさい。
最新日記をチェックしたい時は、ここをクリックしてください。

のんびり引退した初代介助犬ニッキーと、2代目介助犬アルファの同居生活。
<< ころころ | main | 理由なき反抗? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

晴れた日に
 控えめに公表しているとおり現在私は学生。普段は自宅で勉強しているけれど、今日はスクーリングだった。いい天気だったから、一応勉強に行くはずなのに気分は遠足。私の遠足気分が伝染したのか、ニッキーは朝から嬉しそうで、テンション高め。
 目的地近くの駅を出てバスに乗ろうとしたら、バス停には私が到底自力で登れない段差があり、いくら待っても低床バスは来ない。結局その辺にいた人を呼びとめて段差を上げてもらい、バスの車内に積み込んでもらった。降りる時には手すりをつかみ、お尻で階段をすべって降りて、車椅子だけ別に運び降ろしてもらう。結構大変な目に遭ったけど、何しろあまりに天気のいい日のお出かけだったので、気分を害されることは全くなく、無事到着。

 20分ほど遅れて建物に入ると、「あ、介助犬が来た」という声があちこちで聞こえる。どうやら関係者の誰かが遅れた私を心配して「介助犬を連れた人が来たら教えて下さい」と1階の人達に頼んでおいたようだ。教室に着くと「ニッキー君が来た」とみんなに迎えられる。ああ、やっぱりニッキーが私の代名詞なんだなぁ。
 ニッキーは休み時間にみんなにかわいがってもらい、すっかり調子に乗って甘えていた。ニッキーをよく知っている人もいたから、「誰にでも見境なくお腹を出すんだから!」と突っ込まれる。私の指示で離れたテーブルにあったものを探して運んだ時だけ、「あ、やっぱり介助犬だったんだ」と言われて…。
 でも、久しぶりに遠出したせいか、みんなに注目されたせいか、いつもと違うお出かけを楽しんだせいか、ニッキーのやる気もアップしたらしい。帰り道の足取りも軽く、家に帰っても仕事ぶりが生き生きとしている。若返ったみたい。
 ニッキー、楽しかったんだね。私も楽しかったよ。ニッキーが嬉しそうだし、天気もよかったし。勉強は…さっぱりだったけど。

[写真]朝見た青空。[写真]バス停で伏せているニッキー。[写真]夕方見上げた青空。
| できごと | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

スポンサーサイト
| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

[写真] 杖をくわえたニッキー
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


↑応援してくれたら嬉しいです。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
PET ME!

いらっしゃいませ。招き猫です。
幸福を呼ぶ黒猫さんとマウスで遊んでね。


こちらは子犬さんです。
左側の箱からクッキーをあげると喜びます。
FLOWERS & STARS




MOBILE
qrcode
このページの先頭へ
前のページへ
(「相棒のAZ日記」へ)
ホームへ
(目次へ)
次のページへ
(リンクページへ)

(C)Yuki+Nicholas, http://blackdog.whitesnow.jp/ & http://kuroinu-nicky.jugem.jp/