*このページの内容は、「ふたりあるき」の日記と同じですが、時々更新が遅れます。相変わらずのんびりな私たちでごめんなさい。
最新日記をチェックしたい時は、ここをクリックしてください。

のんびり引退した初代介助犬ニッキーと、2代目介助犬アルファの同居生活。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

孫ふたり?
 母来訪。ニコアルにひとつずつ、鱈のジャーキーをくれた。
 ルールどおり、並んでハウスに伏せた犬たちの、それぞれ前足の間にひとつずつ鱈ジャーキーを置いて、まずは「ウェイト(待て)」、「ウォッチ(見て)」でアイコンタクトをしてから、「リリース(よし)!」
 待たせている時間は、ほんの1、2秒。その短い間に、ニッキーはアルファのジャーキーを、アルファはニッキーのジャーキーをちら見して、そっと鼻を動かして匂いを取っていた。同じものを貰っていても、もうひとりが貰ったものが気になるらしい。もちろん取り合いにはならず、自分の分だけちゃんと食べた。
 ニッキーは以前、他の犬がいる中でもあまりにもゆっくりとおやつを味わうので、あっという間に他の犬に取られていた。今ものんびりしているけど、アルファが貰ったものを気にするようになったのは、最近の変化。
 ふたり兄弟(2頭飼い)生活の、新習慣?

 母はニッキーとアルファにわらわらと歓迎され、さらなるおやつを要求されながら、満面の笑みで「やっぱり犬は2匹いるのがいいね」と言う。
 犬たちの世話は、私ひとりではどうしても難しい部分や行き届かない部分がある。そこを大いに手伝ってくれるのが母だから、多頭飼いになったら母も大変になったはず。それでも母には、どちらも大切な「孫(?)」らしい。
 お母さん、ニコアルをかわいがってくれてありがとう。
 でもお願いだから、同窓会や親戚の集まりで孫自慢になった時に、犬たちの写真を見せて「うちの孫、上の子は13歳で下の子は5歳…」と参加するのはやめてください!
| 犬たちの日々 | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

またホネ
 冬に和牛のホネをあげて以来、ニッキーさんはホネに目覚めたらしい。この間も、何年も前の硬くてとても噛めないようなホネ(ペットショップで買った本物の牛骨)をおもちゃの中からくわえてきて噛んでいた。
 やわらかくふやかしたフードを食べているニッキー、私の不器用な歯磨きではなかなか歯が綺麗にならないので、ホネを噛んでくれるならありがたい。アルファにももちろん、嬉しい歯磨き兼デザートになるはず。
 早速通販で購入した和牛のホネが、昨日到着。開けてみると思ったより脂べっとりで、つかむのに微妙な抵抗があったけれど、スジやら何やらが適度に残っているのが、多分ニコアルにとっては魅力なんだろう。

[画像]ハウスで伏せて、ホネの前でウェイト中の犬たち。
[写真]リリースされて同時にホネを食べ始める犬たち。

 あっちからこっちから、無計画にかじるニッキー。
[写真]ホネ満喫中のニッキーさん。

 ホネをしっかり押さえて、丁寧に端からかじるアルファ。
[写真]ホネ満喫中のアルファさん。

 ここでも個性が出るね。
 ふたりとも楽しんでくれたようで何より。
| 犬たちの日々 | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

ホネ!
 せっかくの日曜日だからゆっくり散歩しようと、またまた2頭連れて、よく行くコースとは逆の方向へ。ニコアルは同時散歩にも慣れたようで、もうベストを着けなくても上手に歩く。
 かなり寒い。相当寒い。すごく寒い。でも、アリゾナ育ちのニッキーも、家ではエアコンの温風に直接当たるのが好きなアルファも、こういう時は寒さを気にしない。
 いつもは歩かない場所だから、知らない犬とよく会う。珍しい犬種に会って「**ですか?」と尋ねたら、飼い主さんは「そうです。よくご存知ね。犬がお好きですか?」
 大型犬2頭引きの散歩をしている私、犬好きなのは一目瞭然だと思うけどな…。
 電動車椅子だけで行ける程度の距離だけど、いつもと違う場所を歩いて、知らない犬に会って、いろんな人に声をかけられたりして、ニコアルはとっても楽しそう。

 隣の駅の近く、比較的歩道が広くて歩きやすい商店街を進んで、犬グッズ専門のお店を発見した。入り口の小さい段差を車椅子で強引に乗り越えて入ってみる。温かいものが飲めるかとちょっと期待したけど、残念ながらドッグカフェではなかった。
 お店にあった和牛のホネを、ニッキーさんはとても気に入った様子。13歳の老犬にちょうどいい、関節部分の柔らかいホネ。ナイラボーンとかの樹脂製やゴム製のホネには全く興味を示さなくなったのに、本物のホネは別らしい。
 ニッキーのいい歯磨きになりそうだから、買って帰った。反対側の固い部分は、もちろんアルファが担当で。

[写真]ハウス(人間用の布団)に伏せてホネをかじる犬たち。お互いにお尻を向けている。
 帰宅してさっそく、ホネタイム。

[写真]ひたすらホネをかじるニッキー。[写真]ひたすらホネをかじるアルファ。
 野生とまでは行かずとも、ギャートルズ(若い人は知らない?)ぐらいには戻ったかも。
| 犬たちの日々 | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

ダブル散歩
 天気がよかったので、お昼の休憩時間に散歩に行くことに。短時間で2頭の散歩を済ませようと、ニコアル同時に連れ出した。これまでに2頭同時の散歩は2、3回しかやったことがないので、ちょっとスリル?
 出発しようと思ったら予想通り、ふたりは全然ヒールしてくれない。ニッキーさんは自分が行きたい方にだけ行く気満々、アルファさんは落ち着かない。正確なヒールでなくていいから、ちゃんと歩調を合わせてよ。
 ニッキー現役時代、アルファも一緒にハーネスを着けて歩いた時は、2頭とも申し分なくいい子だったのに…と思い出し、ためしに2頭にそれぞれ介助犬のベストを着けてみる。すると、ふたりとも落ち着いて、横並びにゆるーいヒールで歩いてくれた。
(*突っ込みたがる方々のために補足すると、引退犬ニッキーが着けたベストは、反射テープとフラッシュライトがついているから、夜の散歩では今も時々使うけど、アメリカで使ったもので日本語の「介助犬」の表示はない。)
 滅多にないペアルックで滅多にない一緒の散歩だから、色違いのベストを着けたふたりを並ばせて、ケイタイで写真を撮った。
[写真]ニッキーとアル、並んでポーズ。
[写真]ニッキーとアル、並んで振り返りながらポーズ。

 それからゆっくり近所を歩く。最初はどうなることかと思ったのに、人通りと自転車が多い場所に来たら、ニコアルは、何も言わないのに、横並びから縦並びに変わった。外側を歩いていたニッキーが車椅子にぴったり付いて少し前へ。アルファは下がってニッキーのすぐ後ろへ。
 狭い場所で邪魔にならないようにするのは、介助犬の必須科目だから出来て当然だけれど、慣れない2頭一緒の散歩で、犬同士で相談したようにうまく動くのには、ちょっと感心した。並列つなぎと直列つなぎ(小学校の理科で習ったよね)みたいだ。
 これって、ニッキーとアルファがそれぞれに判断して動いているんだろうか。それともこの頃はすっかり仲良しになったふたりのチームワーク?
 小1時間歩き回って帰宅。家に入る時も、ニコアルはちゃんと整列して、狭い通路も上手にクリア。
 引率(?)の私はちょっと大変だけど、楽しかった。
| 犬たちの日々 | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

仕事遊び
 犬たちにクリスマスもお正月もないけれど、私の仕事が休みだというのは分かっているらしい。甘えっぷりも、遊びを要求するのもいつも以上だ。
 たっぷり散歩させてやりたいけれど、あまりの寒さにめげて、室内で犬たちと遊ぶ。おもちゃを使ってゲームをしたけれど、それだけでは飽き足らないニコアルは、私がちょっと動くたびに「何かする?」と期待いっぱいの目で見つめ、さりげなく立ち上がって、いつでも動く気満々なことをアピールする。
 後でもう一度遊んであげようと思いつつトイレに行ったら、ニッキーさんが嬉々としてトイレのドアを開けてくれた。「ニッキー、グッドボーイ!」
 ほめる声を聞いて、アルファさんもやってきて、トイレの電気をつけてくれた。「アル、グッドボーイ!」
 前から分かっていたことだけど、改めて、この子達にとって介助犬の仕事は、何よりの「遊び」なんだと思う。私の指示で小さな作業をする。時には自分で工夫して、上手にその作業をこなせれば、心から褒めてもらえる。犬にとって、それは自然な遊びなんだよね。

 めがねを落としたらアルファが拾ってくれた。リモコンはニッキーが持ってきてくれた。私がうまく受け取れなくてリモコンを連続で落としてしまっても、ニッキーは嬉しそうに拾ってくれた。片付ける時はアルファが、いつもの場所に置いてきてくれた。
 ふたりが何故か「仕事遊び」をいつも以上にやりたがるので、自力で開けられるリビングのドアを開けてもらったり、わざとボールペンを落として拾ってもらったり…。
 何しろ我が家は、仕事を待っている犬がふたりだから、次から次に「仕事は?」「仕事は?」と来る。物を落としたり、携帯電話やリモコンを使う用事を見つけたり、トイレに行ったり…ふたり分の仕事をつくるのも、結構大変だ。
「ニッキー、あーちゃん、君たちもちょっとは仕事を休みなさい。お正月なんだから!」

「毎日人間のために働かされて、介助犬はかわいそうに」なんて言う人は、犬がこんなにも楽しそうに、仕事という遊びを待ち望む姿を、きっと想像できないんだろうな。
| 犬たちの日々 | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

年の瀬も関係なし?
 忙しいのは人間だけで、犬たちはこんな感じ。

[写真]ニコ寝てる、アル寝てる。
[写真]あ、ニコ起きた! でもアル寝てる。[写真]あ、アル起きた! でもニコはまた寝た。
[写真]そしてまた、犬たちはふたりとも寝た……。

 せめて、2頭同時に起きてくれないかなぁ。
| 犬たちの日々 | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

叱られて
 私の仕事中に勝手に甘えに来ることは、引退してからのニッキーには許しているけれど、今日は少々度が過ぎている。アルファも一緒になって、ハウスもステイも無視してうろうろ。
 調子に乗りすぎているふたりを、厳しい声で叱った。

[写真]無気力そうに床に転がる犬たち。
 急に静かになり、ふてくされているニコアル。

 本当なら、私がもっとしっかり彼らに向き合ってやるべきだけれど、雑事に追われていた。ニッキーもアルファも「もっとちゃんと見て!」というサインを出している。我が家のルールを越えてうるさく騒いだから叱ったけれど、ふたりの気持ちが分かっていない訳じゃない。
 しばらくしてから、静かにしていたことを褒め、「もう少し待ってね。後で遊ぼうね」と声をかけた。

[写真]起き上がった犬たち。
 ご機嫌回復中らしい。

* 秋も深まった頃に、突然こっそり更新。気づく人がいなかったりして。
 ほんとに、そろそろ、再開します…多分。
| 犬たちの日々 | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

| 1/1pages |
[写真] 杖をくわえたニッキー
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>


↑応援してくれたら嬉しいです。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
PET ME!

いらっしゃいませ。招き猫です。
幸福を呼ぶ黒猫さんとマウスで遊んでね。


こちらは子犬さんです。
左側の箱からクッキーをあげると喜びます。
FLOWERS & STARS




MOBILE
qrcode
このページの先頭へ
前のページへ
(「相棒のAZ日記」へ)
ホームへ
(目次へ)
次のページへ
(リンクページへ)

(C)Yuki+Nicholas, http://blackdog.whitesnow.jp/ & http://kuroinu-nicky.jugem.jp/