*このページの内容は、「ふたりあるき」の日記と同じですが、時々更新が遅れます。相変わらずのんびりな私たちでごめんなさい。
最新日記をチェックしたい時は、ここをクリックしてください。

のんびり引退した初代介助犬ニッキーと、2代目介助犬アルファの同居生活。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

お菓子
[写真]
 のっけから商品名で申し訳ないけど、キャラメルコーンのパッケージが、招き猫になっていた。コンビニで見かけて、つい買ってしまった。このまん丸な目、チャッピーを思い出す。
 1月だから、お正月の縁起物? と思ったら、受験生向けらしい。ロゴもよく見たらいつもと違う。夢をかなえる「カナエルコーン」だそうだ。

[写真]
 中には、ひとつだけ桜の花のような形のコーンが入っていた。5角の星と合格をかけているのか、桜咲く、ってことなのか。
 お菓子を売るためのこんな企画は、テレビの星占いよりいい加減だろうとは思うけれど、せっかくだから、きっと願いが叶うとポジティブに信じることにしよう。

 願いが叶うなら、まずはこの方に食べてもらわないと。
 もちろん人間用のお菓子は、普段はうちの子たちにはあげない。でも、縁起物だから、このひとつだけね。

[写真]
* 写真は、私の手に乗せた「願いの叶うお菓子?」をじっと見るニッキー。この後おいしそうにさくさくっと食べた。
 で、当然アルファにも、公平にひとつだけあげた。

 ずっと一緒に、ずっと楽しく、ずっと幸せに過ごせるように…という、私とニッキー共通の願いが、きっと叶うよ。
| 好きなもの | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

ピンク
 お節とお雑煮も昨日まで。今日は久々のハンバーガーがおいしかった。
 そして、お正月休みも今日まで。読書と散歩でゆっくり過ごした。

 夕方、アルファと近くのユニクロへ。入り口が階段の上なので、インターフォンで店員さんに頼んで、荷物用のエレベーターに乗せてもらった。
 レザーっぽいジャケットが欲しかったけれど、試しに羽織ってみたら重くて、腕が動きにくい。これじゃ車椅子が動かせないので諦める。でも、帰りも店員さんにエレベーターを使わせてもらうから、何も買わずに帰るのもなぁ…。
 で、店内をアルファと一緒にうろうろ歩き回った末に、今日まで特価のキルティングパーカーと、軽いマフラーを買った。
 パーカーは派手なショッキングピンク、マフラーは淡いピンク。
 蛍光イエローや派手な水色、それにオレンジと、いずれ劣らぬパワフルな色が並ぶ中、不意に「今年は、ピンクが私のラッキーカラー!」と閃いたのだ。閃いたから、根拠なく実行。
 パーカーは真冬の散歩には薄いから、マフラーで首元を暖かくして、この冬いっぱい、散歩ファッションはピンクの予定。似合うとは思わないけどピンクは好き。
 あてにならない直感はともかく、ピンクは人の気持ちを優しくする色。これからの1年をおおらかに優しく過ごせるといいな。
| 好きなもの | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

ハロウィン前夜
 この間買い物に行って、黒猫のストラップを買ってしまった。だって、チャッピーに似てたんだもん。そして、あまりにもかわいかったんだもん。
 ストラップって結構、貰ったり、何かのおまけについてきたりするけど、私の場合は犬たちがくわえるので、携帯電話にはシンプルで丈夫なのをひとつだけ付けている。どうしても気に入ったり、思い出があったりするストラップは、デジカメとかipodとかに付け、さらにバッグにも付けるけど、ストラップが増えると付ける場所がなくなって困る。何だか本末転倒。
 そんな訳で自分には必要でないストラップ、ちょうど10月終わりが誕生日な母にあげた。チャッピーそっくりの黒猫とピンクのきらきらがついたストラップは、彼女の好みにあったようで、無駄遣いを咎められることもなく、喜んでもらえた。

 ニッキーが我が家に来てから、徐々に増えていった黒ラブコレクション。黒ラブのマスコット、ぬいぐるみ、Tシャツ、クッション、バッグ、置物、ブローチ、タオル、壁掛け、ペンケースなどなど。アルファが加わると、黄ラブバージョンも続々加わった。
 最近では、値下げされていたこんなティッシュケースを購入。
[写真]ちょっとリアルな、黒ラブティッシュケース。ぬいぐるみの背中からティッシュが出ている。

 でも、猫歴が長い割に我が家に猫グッズは少ない。大事にしていた陶器の猫もガラスの猫も石膏の猫も、みんな本物の猫たちが壊してしまって、残っていない。
 だから。ハロウィンの前になるとあちこちで見かける黒猫雑貨の数々、いくつか買ってもいいかな…と、散財を言い訳するこの頃。
 先週は、イベントから帰宅する途中の駅ビルで黒猫柄のひざかけを見かけて購入。これは、もっと寒くなったら、足が冷えやすい私が自分で愛用する予定。
[写真]黒猫柄のひざ掛け。

 そして今日は、こんなものを発見。
[写真]紅茶のパックの黒猫イラスト
 1リットルの紅茶パックに、黒猫のイラストが。スーパーで99円だったので、大して迷わずに買った。
 ハロウィンは黒猫好きな私の場合、衝動買いの誘惑にあちこちで出会う季節。

[写真]片耳がひっくり返り、耳の内側の白髪がぽっと出ているニッキー。
 おまけに、本日のニッキー。
 耳の中の白い毛が、イワトビペンギンの飾り羽のよう?
| 好きなもの | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

犬猫三昧な休日
 連休最終日。本当は家族で出かける予定があったけれど、例の赤ちゃん猫に頻繁に授乳しなければいけないので、私は留守番。行き先にはせっかくニッキーと後輩両方の同伴許可を取ったのに、犬達も当然私に付き合って留守番。
 天気がいいから、窓を開けて日当たりのいい部屋にいると、ニッキーとちょびと候補犬がぞろぞろ集まってきて、思い思いの場所に寝転んだ。それぞれ時々目を合わせて、お互いの存在を確認する。
 ああ、しあわせ。犬と猫に囲まれて、日差しと風が気持ちよくて、これ以上何もいらない。

 ニッキーは相変わらず猫に優しい。箱の中でちび猫が鳴くと覗き込み、それから私に教えてくれる。ちびちゃんは順調に成長中。
 夕方の排泄と授乳タイムで、ちび猫は途中でミルクの温度が低いと駄々をこねたけれど、哺乳瓶ごとお湯につけて少し温度を上げると、また元気にミルクを飲んでくれた。そろそろ生後2週間、随分よく動き、ミルクの飲み方も力強くなっている。
 よちよち歩きでぐんぐん前進し、大きな障害物はちゃんと分かるようで、ぶつかることもない。母猫の声を真似て「ぐるるるる♪」と呼びかけたら、方向転換して私の方に向かってきてくれた。
 どのくらいの視力があるかは分からないけれど、私が床に寝転んで目線の高さを同じにしたら、私の顔をじっと見ているような様子を見せる。お腹いっぱいで満足なちびちゃんは、そのまま私にくっついて、喉を鳴らしながら寝てしまった。
 ああ、これまたしあわせ。結局連休も、いつも通りに終わってしまった。

[写真]子猫の寝ている箱に顔を突っ込むニッキー。
[写真]今日のちび猫ちゃん。

 箱根の温泉に日帰りで行ってきた両親のお土産は、名物・黒たまご。食べると7年寿命が延びるという縁起物だそうだ。長生きして欲しいから、犬たちにも分けた。硫黄の匂いを嫌がるかと思ったが、気にせず喜んで食べていたから、気に入ったんだろう。
 愛しい犬猫が長生きして、いつまでもこんなしあわせな日々が続きますように。

[写真]「黒たまご」の袋をくわえたニッキー。
| 好きなもの | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

四季の記憶
 暑かろうと寒かろうとその時々の季節を感じられる瞬間が好き。といっても、エアコンのきいた部屋でせみの声を聴いたり、こたつに入って窓から雪を見たりして喜んでいる軟弱な私、暑さにも寒さにも人一倍弱い。
 高校時代までは、慢性登校拒否状態だったので、夏休みが待ち遠しくてたまらず、夏の匂い、夏の日差しが何より嬉しかった。夏のイベントでどうにか友達ができたこともあって、毎年夏を待っていた。
 大学時代は反動のように楽しかったけれど、特に懐かしいのが本格的に寒くなり始めた頃の大学祭。夜遅くまでサークルの友達とあれこれ準備やら練習やらをしていた楽しさを、今でも寒くなると思い出す。
 夏も冬も、背中やひざが痛んだり、腕が上がらなくなったりすることも多い気候なのに、今でも大好きなのは多分、学生時代の記憶と結びついているせいだろう。
 本当は、今くらいの秋が、私の体調はいちばんいい。暑さから解放されてニッキーも元気だ。特別な連想はないけれど、何事もなく自分と相棒の調子がいい季節。だから秋も好き。
 今年の秋は多分、後輩犬の訓練の仕上げに頑張ることになるだろう。そしてニッキーにも、新しいことを始めさせようと思っている。楽しい秋になるといいな。いつかずっと先に、ふと思い出すような。
| 好きなもの | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

ばらのお風呂
 給湯器が故障してしまった。最近CMで、不具合のある古い給湯器の無料修理をすると言っているP社製だから、もしかしたら無料で直してもらえるかも? と淡い期待を持ちつつフリーダイヤルに電話したが、型番を告げると「それは、不具合のある機種より更に古いものですね。耐用年数を過ぎています」とのこと。がっかり。この給湯器を買った業者もお盆休みで修理にも交換にも来て貰えない。
 夏の盛りにシャワーが使えないのは不便の極致。仕方なく湯船にお湯を沸かし、普通にお風呂に入る。一応実家の浴室にも手すりはあるけれど、湯船に出入りするのが私にはなかなかしんどい。
 でも、久々にドライハーブをお風呂に浮かべてみたら、思いがけずいい香りで、長湯してしまった。
 一時期ハーブ…というより、花や草を使った香りに凝っていて、枕にも、クローゼットにも、もちろんお風呂にも、ドライハーブのパックやエッセンシャルオイルを使い、夜はよく眠れるようにラベンダーのインセンスなんか焚いていた私。
 留学中も、グローサリーで簡単にアロマキャンドルが手に入ったから、薄暗い(アメリカの家の中は夜は日本より薄暗い。天井に煌々と蛍光灯を点けたりせず、大抵は間接照明。我がアパートもそうだった)夜によく使っていた。
 日本に帰ってから気持ちがぎすぎすすることが多くて、そういうことを楽しむ余裕がなくなってしまった。そういえばマニキュアも大好きなのに、随分していない。
 この暑いのにシャワーが壊れるという最悪の事態で、何故か苛立ちもせず、ふんわりとそんなことを考えて、ばらの香りのお風呂に肩までつかっていた。これもアロマの効果?

 私がお風呂に入っているとバスマットの上に丸くなって「お風呂の番犬」をしてくれるニッキー。脱衣所も蒸し暑かったのに、いつもより長いお風呂タイムに付き合ってくれてありがとう。
| 好きなもの | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

雨の日もちょっといい
 実家の庭にはあじさいが咲く。庭といってもいまやガレージと化しているけれど、祖父が気に入っていたあじさいは残っていて、昔のように手入れはされていないが、それなりに咲いてくれる。
 晴れた日のあじさいより、やっぱり雨のあじさいが綺麗だ。
 普段は雨が降るだけで憂鬱な気分になる(車椅子がうまく動かせず、ずぶ濡れになって外出に苦労するから)私だけれど、今年の梅雨は候補犬の訓練にかこつけて実家にいるので、少なくともずぶ濡れで歩き回ることだけはなくて、何だかとても贅沢をしているような気分で、庭のあじさいを眺めている。
 うちのあじさいではないけれど、先日は近所でがくあじさいを見かけて、何となく写真に撮った。びっしり花が盛り上がっているより、がくあじさいの方が好き。

[写真]がくあじさいの花。

 車椅子用のレインコートも、傘をさす自助具というのもあるけれど、どちらも私の場合は殆ど役に立たない。自分で車椅子を動かせなくなったらどうしようもないから。結局びしょ濡れになって出かけるしかない。
 私はもうそんなこと慣れっこのはずなのに、やっぱり雨の日の外出は気持ちの余裕がなくなって、ゆっくり雨の中のあじさいを見ることはもう何年もなかったような気がする。

[写真]しっかり自分の布団で寝ているニッキー。真っ黒け。[写真]畳で熟睡中の候補犬。

 雨だから、今日の外での訓練は中止。ニッキーも候補犬も猫達も思い思いの場所で寝転がっている。
 犬達と猫達と共に、雨の音をただ聴いている、満たされた時間。
| 好きなもの | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

いちご色
 いろんな意味で似合わないのにピンクが好き。洋服は黒ばかり着てしまうけれど、時々ピンクの手帳やピンクのハンカチに目を引かれて買ってしまうことがある。そして。先日ピンク色の「季節限定・いちごカルピス」なるものを買った。
 ニッキーがペットボトルをくわえて持ってきてくれる時、それが淡い綺麗なピンク色だと、ちょっと楽しい気分になる。ここで、着色料が…なんて現実的なことを考えてはいけない。
 黒い犬がピンク色のボトルをくわえているのが、妙におもちゃっぽくてかわいかったので、「あ、かわいい」と言ったら、ニッキーさん、嬉しそうにしっぽを振った。

[写真]見上げるニッキー。[写真]ペットボトルをくわえたニッキー。
*左:仕事を頼まれて起きたニッキー。 右:ピンクのボトルを持ってきたニッキー。

| 好きなもの | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

ベッドで本
 2年半前の目の手術以来、読書量が激減した。数字上視力が出ても、手元の活字を追うのは前より大変だ。素敵なタイトルの本を見つけても衝動買いしなくなったし、ベッドで本を読む習慣もなくなった。
 昨日、大きな店に行き、中の本屋に寄った。散々考えて1冊だけ買う。ニッキーはエレベーターのボタンを押したり、荷物を持ったり、手袋を拾ったり、スロープで車椅子を引っ張ったり、結構活躍してくれた。
 例えば拾うことはボール遊びの延長、紐を引っ張るのはタオルの引っ張りっこの延長で、ニッキーには遊びだ。仕事をした後はしっぽを振り、遊びの後と同じ笑顔になる。今日は沢山仕事をし、長めの距離を歩いたので、とても満足そうだった。

 深夜、買った本と眼鏡と目薬を持って、久しぶりのベッド読書決行。
 一度ベッドに入ると、もう一度立って転ばないように椅子につかまりながら電気を消す、というのが辛い。起きてすぐはふらつくし、温度差で咳が止まらなくなったりする。
 で、ニッキーにスイッチを頼もうと思ったら。沢山働いたニッキーは、早くもハウスで熟睡中。寝起きが悪いから…大丈夫かなぁ。
 本を読みながら、ニッキーの寝息に耳を澄ます。熟睡中に起こすのはかわいそうだから、眠りが浅い時に起こそう。寝息で眠りの深さが分かる。
 ニッキーが目を覚まして頭を上げた。でも、本は面白いところに差し掛かっているので、呼ぶのをやめた。
 読書の区切りがついた時には、ニッキーは深く寝息を立てていたので、また呼ぶのをやめた。自分の眠気とニッキーの眠気と読書のタイミングがなかなか合わない。
 あっ、ニッキーがまた目を覚ました。「にっちゃん?」と小声で呼ぶとしっぽを振る。「おいで」と言うと、温かい布団から離れられない様子で、もぞもぞ動いている。
「起きて、頑張って、さあおいで」励まされるとニッキーは、思いっきり寝起きの顔でやってきて、ゆっくり電気を消してくれた。
 いつもより沢山撫でると、すっかり機嫌をよくしてお手までサービス。頑張って起きてくれたので、一口だけおいしいご褒美もあげた。

 ベッドの中でゆっくり本が読めるのは嬉しい。夜中に起こされても喜んで手伝ってくれるニッキーがいてくれるのも嬉しい。
 それは、本が読みたいとか、ひとりでぼーっとしていたいとかのささやかな願いを、前向きな気持ちでささやかに叶えられること。
| 好きなもの | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

黒猫と黒犬とお酒・そして下戸な私
 長老猫タンゴ、推定16歳半。実家といっても父の事務所の方に住んでいるので、ちょびさんやリズ・ギギ・ちーに比べて、あまり会えないけれど、学生時代には誰よりも私に懐いてくれていた、思い出深い大切な猫。
 先日、久しぶりにタンちゃんに会ったので、携帯カメラで写真を撮った。だいぶ痩せたし、さすがに白髪が出ていて、ひげまで白いのが生えてきている。でも、まだ丈夫な(咬まれるとすごく痛い!)真っ白な歯が揃っていて、何より目が力強いのに安心する。
 我が家の猫達の中で、私が実家にいた時からいるのはもうタンちゃんだけになってしまった。もっともっと長生きして欲しい。

[写真]金色の目の黒猫、我が家の長老タンちゃん。

 16年前、やたら声のでかい子猫だったタンちゃんは、近所の引越しで置き去りにされて、叫びながらうちにやって来た。黒猫が大好きな私は、偶然やって来た子が全身真っ黒、正真正銘の黒猫だったので、とても嬉しかったっけ。
 その頃、タロット占いが得意で、学校にもタロットカードと水晶球を持って行っていた私は、「魔女」と呼ばれることもあった。魔女に黒猫、童話の世界の素敵な組み合わせだ。
 それからだいぶ経って、今度は黒犬のニッキーとも出会い、黒猫と黒犬が大好きな私。

 実は、そんな私が今ちょっと欲しいのが、よく見かける黒猫のラベルのワイン。よく見かけるんだから買えばいい、と言われそうだけれど、私はお酒がほとんど飲めない。飲めないのに買うのは、何だかワインに失礼な気がする。全部料理に使うのも大変そうだし。
 留学中は黒ラブのラベルのビールが欲しくて買ってしまい、遊びに来た酒好きの友人に飲んでもらったこともあったなぁ、と思い出す。
 お酒が飲めたら、そして、同じく黒猫と黒犬をこよなく愛する友達が見つかったら、一度、黒猫ワインと黒犬ビールで乾杯してみたい…と思う。

[写真2枚]左:黒犬ラベルのビール・右:黒猫ラベルのワイン
| 好きなもの | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

| 1/2pages | >>
[写真] 杖をくわえたニッキー
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>


↑応援してくれたら嬉しいです。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
PET ME!

いらっしゃいませ。招き猫です。
幸福を呼ぶ黒猫さんとマウスで遊んでね。


こちらは子犬さんです。
左側の箱からクッキーをあげると喜びます。
FLOWERS & STARS




MOBILE
qrcode
このページの先頭へ
前のページへ
(「相棒のAZ日記」へ)
ホームへ
(目次へ)
次のページへ
(リンクページへ)

(C)Yuki+Nicholas, http://blackdog.whitesnow.jp/ & http://kuroinu-nicky.jugem.jp/