*このページの内容は、「ふたりあるき」の日記と同じですが、時々更新が遅れます。相変わらずのんびりな私たちでごめんなさい。
最新日記をチェックしたい時は、ここをクリックしてください。

のんびり引退した初代介助犬ニッキーと、2代目介助犬アルファの同居生活。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

お引っ越し
 アリゾナ留学日記からこのページを訪れてくださるみなさま、ありがとう。

 以下、意味がわからないという方は飛ばしてください。

 ふたつのホームページからリンクする都合で、ふたつのブログに同じ日記を書いて、こちらのブログでは、もうひとつのブログにアップした画像をフルパスで表示しています。
 仕様変更に伴い、画像のパスが一斉に変更になり、手作業で直すのは到底無理…という状況で、現在こちらのブログには画像が表示されていません。

 こちらのブログは完全に更新停止することにしました。まだ検索に引っかかるので、当分は残しておき、いずれ休止手続き・削除を行うと思います。

 で、ここからは意味が分からない方はいないと思うのですが。

 日記のお引っ越しです。
 新しいURLは、http://diary.blackdog.whitesnow.jp/ です。
 2005年4月からの古い記事も全部残っています。
 ありがたいことに、日記の主役であるニッキーは14歳9ヶ月半にして健在、後輩アルファも元気に働いているので、まだ新しい記事を書き続けています。
 忙しさにかまけて更新は1か月遅れになっていますが、今後ともお付き合いいただければ幸いです。

 黒犬ニッキーのくろいぬ日記+α
 クリックして、新しい日記ページを覗いてください。
| つぶやき | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

更新してます
 新館サイトの方の日記で、11月からこっそり更新再開しています。
 黒犬ニッキーのくろいぬ日記+α←見にきてね。

 ニコアルは相変わらずで、ちっとも変わり映えしないけど。

 こちらの日記、投稿画面が変わってしまって、実は結構大変だったりします。
 なので、もしかしたら、そのうち新館のブログに統一するかもしれません。

 お付き合いいただければ、ニコアル共々嬉しいです。
| つぶやき | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

ちょっと不思議
 この頃、デジタル時計の数字がぞろ目で並んでいるところを、よく見る。昨夜も時計を見たら、2時22分。
 2時22分と22時22分を特によく目にするような気がしていたら、知人が「そういう数字は何かのメッセージであることが多いんだよ」と教えてくれた。エンジェルナンバーとも言うそうで。
 そういう話は嫌いではない方だけど、というか、かなり好きな方だと自覚しているけれど、うーん。今年はおみくじで滅多にない凶を連続で引いた私。調べてみて、何かこの数字に不吉な意味があったら、がっかりしてしまうかも。…詳しく調べるのはやめておこう。
 私の場合、222は「にゃんにゃんにゃん」を連想する。また猫を拾ってしまうという暗示だったりして? だとしたら、ある意味不吉だ…。
 まあ、拾ってしまったらそれも縁、大事なうちの子になるんだけど。…って、いや、猫を拾うこと、「期待」してるわけじゃないってば。
 ともあれ、もしもこれが「メッセージ」なら、いい知らせでありますように。

[写真]並んで座ったニッキーとアル。
 このふたりは多分、猫が増えるのを楽しみに待っていると思う。
| つぶやき | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

膀胱炎
 ニッキーさん、また膀胱炎になってしまった。ただいま、とっても頻尿。
 排泄に関しては潔癖で我慢強いニッキーの現役時代、私は長時間のイベントにも、海外旅行にも、安心して行くことができた(もちろん無理な我慢はさせない。失敗がまずないから安心という意味)。何度も旅行したニッキーは、8歳頃から、飛行機に乗ると水を貰っても口をつけない、という自己管理もするようになった。
 そんな長年の努力への恩返しに、今は私が気を遣い、ニッキーの様子をよく見て、何度もトイレに出しているけれど、今日は私の油断で失敗させてしまった。
 ニッキーがサッシ窓のところで控えめに「トイレに行きたい」と主張したのに、私は「さっきトイレに行ってから、まだ全然時間が経っていないから」とそれを却下。「でもトイレに行きたい」とまたサッシ窓に立つニッキーに寝室に行くように指示。
 自分の用事がもう少しで終わるところだったので、済んだらトイレに出してあげようと思っていたら、ニッキーは寝室で横になった姿勢から立ち上がる時に漏らしてしまった。これは完全に私のミスだ。
 お漏らしなんてプライドが許さないニッキーは、おしっこが出ているままとっさにマットに逃げ込もうとした。マットにおしっこが染み込んだら、後で掃除や洗濯が半端なく大変だ。
 ニッキーに落ち度はないけれど、大きな声で「ウェイト!」。
 ニッキーはその場で動きを止めてくれた。おしっこは止められなかったけど、布団でなくクッションフロアの床に水溜りができたから、ペットシートであっという間に掃除完了。

 あのニッキーが排泄を失敗するなんて、ほんの短い時間の我慢ができなくなったなんて、私にとっては悲しくて辛いことだ。膀胱炎が完治すれば改善されるにしても。
 でも、そんな状態のニッキーが、自然現象の最中でも「ウェイト」の指示に応えてくれたことは嬉しかった。そのおかげでハウスを汚さずに済み、掃除も簡単だった。
 現役時代は、排泄をしっかり我慢することで、私の行動を邪魔しないように協力してくれたニッキー。今日は、とっさの指示に応えたことで、掃除する私に最大限の協力をしてくれた。
 老いても弱っても、そして膀胱炎でも、ニッキーは変わらない。その時できるベストを尽くして協力してくれる。
 ありがとう、相棒。
| ニッキーのこと | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

孫ふたり?
 母来訪。ニコアルにひとつずつ、鱈のジャーキーをくれた。
 ルールどおり、並んでハウスに伏せた犬たちの、それぞれ前足の間にひとつずつ鱈ジャーキーを置いて、まずは「ウェイト(待て)」、「ウォッチ(見て)」でアイコンタクトをしてから、「リリース(よし)!」
 待たせている時間は、ほんの1、2秒。その短い間に、ニッキーはアルファのジャーキーを、アルファはニッキーのジャーキーをちら見して、そっと鼻を動かして匂いを取っていた。同じものを貰っていても、もうひとりが貰ったものが気になるらしい。もちろん取り合いにはならず、自分の分だけちゃんと食べた。
 ニッキーは以前、他の犬がいる中でもあまりにもゆっくりとおやつを味わうので、あっという間に他の犬に取られていた。今ものんびりしているけど、アルファが貰ったものを気にするようになったのは、最近の変化。
 ふたり兄弟(2頭飼い)生活の、新習慣?

 母はニッキーとアルファにわらわらと歓迎され、さらなるおやつを要求されながら、満面の笑みで「やっぱり犬は2匹いるのがいいね」と言う。
 犬たちの世話は、私ひとりではどうしても難しい部分や行き届かない部分がある。そこを大いに手伝ってくれるのが母だから、多頭飼いになったら母も大変になったはず。それでも母には、どちらも大切な「孫(?)」らしい。
 お母さん、ニコアルをかわいがってくれてありがとう。
 でもお願いだから、同窓会や親戚の集まりで孫自慢になった時に、犬たちの写真を見せて「うちの孫、上の子は13歳で下の子は5歳…」と参加するのはやめてください!
| 犬たちの日々 | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

寝姿
[写真]
 今朝の寝姿は、左右対称っぽい。
| ケイタイにて | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

当たり前ですごいこと
 アメリカ育ちのニッキーは、お店の棚にある商品を(もちろん良識の範囲で)くわえて買い物を手伝ってくれたことが何度もあった。でも、日本で育ったアルファは、直接商品をくわえたことはない。
 目的の商品以外には触れさせない(犬が触れたものは必ず買う)、唾液がついてしまうタオルや生鮮食品は取らせない、とルールを守っても、周囲の人が見て不快に思うかもしれないから、日本ではなるべくさせないようにしている。
 大抵の時は、近くにいる人や店員さんに快く手伝ってもらえるから、困ったこともない。

 でも今日(正確には昨日)、閉店ぎりぎりの時間にスーパーに駆け込んで必要な買い物をし、ついでにお菓子が欲しいと思った時、その辺に人がいなかった。欲しいと思ったお菓子の袋は、電動車椅子からでは手が届かない位置にある。車椅子を移動させて取ろうとすると、床にある箱にぶつかってしまう。
 でも、アルファが端の袋だけうまくくわえ上げてくれれば、問題なく取れそう。
 まずは「ルック(見て)」と声をかけて、アルファの注意を私が指差した方に向けさせる。アルファさん、まず床に何か落ちたかと下を見て、リードが外れたのかとさらに真下を見て、それから棚のお菓子に目を向けた。そうそう、それだよ。
 いちばん端の袋に視線を誘導して、静かに「ゲット(取って)」と指示。特に重くもなくくわえにくくもないお菓子の袋を、アルファは簡単にくわえ上げて、すぐ私の右手に押しつけてくれた。グッド・ジョブ、あーちゃん。

 ニッキーから実質仕事を受け継いで、もう2年。物をそっとくわえることや私の手にうまく渡すことは、基本中の基本として日々繰り返しているから、できて当たり前。
 でも、こういう状況と事情で、私が何の心配もなく「アルならできる」と思えたことの方が、すごいことだと思う。
 携帯電話のストラップをくわえてハンマー投げのようにぶん投げたり、空き缶を落として自分でその音に飛び上がったりしていた新米アルファも、今は当たり前に、微妙な加減とか、並んだ物の中で私がこれと思ったひとつを選ぶことができるようになった。
 この子なら大丈夫、といつも100パーセント信じていられること。
 それがないと介助犬とパートナーの関係は成り立たない基本で、とても当たり前。だけどやっぱりすごい。
| 後輩アル | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

セーターとマフラー
 ニッキーの長年のラブ友にして、2年ほどお姉さんだったイエローラブのチップ、そして妹分のイエローラブのシエルの飼い主リリーさんことニッターのYumicaさんは、犬用のセーターも編んでくれる。去年ニッキーのセーターをお願いした。
 採寸してからチップが亡くなり、大変な時に製作してくれてありがとう>リリーさん
 ニッキーにはシンプルな服しか着せたことがなくて、セーターの模様を思いつかず、無地で編んでもらった。
 でも、リリーさんのアイディアで、無地のセーターにはちゃんと、私のイニシャル「Y」とニッキーの「N」、アルファの「A」が編みこまれている。こんなの市販の品物には絶対ないよね。
 真ん中の「Y」に寄り添う「N」、さらに守るように「A」があり、でも一見文字とは分からないモチーフになっている。
「ゆっきーとニッキーはふたりでひとつ、これからはアルファも加わってひとつ」
 そんな意味がこめられた世界でひとつのセーター。散歩で会う人には大人げなく自慢している。
 同じ模様で、私のマフラーも編んでもらった。冬場にニッキーを家に置いて外出する時は、お守りのようにお揃いのマフラーをする。

 暖かくなったから、セーターもマフラーも洗ってしまうことにして(遅すぎ?)、その前に記念写真を撮った。
 最初は私がマフラーをして一緒にと思ったけど、アルファさんが自分も写ろうと激しくアピールするので、こんな感じに。

[写真]青い毛糸のセーターを着たニッキーと、同じ毛糸のマフラーをしたアルファが、並んで座って笑っている。

 ニッキーがこれから来る梅雨も夏も乗り切って、また元気にセーターが着られますように。
 そしてアルファは…涼しくなる頃までに少し体重を落とせますように。
 いつも笑顔が満開のアルファ、ブルーのマフラーをしたら冬のソナタのヨン様みたいな「微笑みの“黄”公子(イエローだから)」になると思ったのに…ぷりぷりっと30キロを超えてしまって、何だか雪だるまみたいだよ…。

 老犬には特にお薦めしたい犬用ニット、興味がある方はこちら→Yumica with Chip
| つぶやき | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

またホネ
 冬に和牛のホネをあげて以来、ニッキーさんはホネに目覚めたらしい。この間も、何年も前の硬くてとても噛めないようなホネ(ペットショップで買った本物の牛骨)をおもちゃの中からくわえてきて噛んでいた。
 やわらかくふやかしたフードを食べているニッキー、私の不器用な歯磨きではなかなか歯が綺麗にならないので、ホネを噛んでくれるならありがたい。アルファにももちろん、嬉しい歯磨き兼デザートになるはず。
 早速通販で購入した和牛のホネが、昨日到着。開けてみると思ったより脂べっとりで、つかむのに微妙な抵抗があったけれど、スジやら何やらが適度に残っているのが、多分ニコアルにとっては魅力なんだろう。

[画像]ハウスで伏せて、ホネの前でウェイト中の犬たち。
[写真]リリースされて同時にホネを食べ始める犬たち。

 あっちからこっちから、無計画にかじるニッキー。
[写真]ホネ満喫中のニッキーさん。

 ホネをしっかり押さえて、丁寧に端からかじるアルファ。
[写真]ホネ満喫中のアルファさん。

 ここでも個性が出るね。
 ふたりとも楽しんでくれたようで何より。
| 犬たちの日々 | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

機械は苦手
 パソコンの動作がどんどん遅くなり、仕事が進まない。時間内にしなければならない作業が片付かない。仕方なく安いノートPCを買った。
 機械モノは苦手。設定とかあっちこっちを繋ぐとか、未だに分からない。今使ってるパソコンの設定をしたのは7年前だから、忘れてる。でも、訪問サポートに頼むと2万円(!)というので、人生初・自力で無線LAN設定をすることにした。
 初心者向けの説明書が入っていて、CD-ROMを入れたら自動で接続の設定ができるようになっていたので、機械をつないで、ボタンを押して、新しいパソコンをネットにつなぐところまでは予想より断然簡単にできた。次に、Vistaに入っていたツールで、旧パソコンのデータも転送できた。問題はその先。
 同じファイルをデスクトップとノートの両方で扱えるようにしないと不便だから、ネットワークを作りたいのに、あれこれやってみても、有線で接続している旧パソコンと無線で接続している新パソコンが、お互いを認識してくれない。
 困った時の神頼みで友人に泣きついたけど、機械モノにとても強い友人の説明は機械モノにとても弱い私には理解不能。
 結局、ネットで調べて(検索語に「初心者」とつけて、理解しやすそうなのを探して)試行錯誤しつつ、何かの偶然でつながった時には、夜が明けていた。つながらなかった理由も、急につながった理由も、実は全然分かっていない。

 移動と動作の巧緻性と視力、というハンデがある私にとって、居ながらにして情報を探せて、文字を書く代わりにキーボードの操作で発信できるパソコンやネットの存在はありがたい。新聞もテレビも、ある程度以上の視力が前提だけど、パソコンは設定次第で文字を大きくできる。動けなくても遠くのお店の商品を選んで買える。
 正確に読めない・うまく書けない・通勤できないと三拍子揃って、どう転んでも就職できそうになかった私が、自宅で仕事をするのも可能になった。
 …とまあ、こんなにもこの技術の恩恵を受けているのに、未だにまるでその仕組みやら扱い方が分かっていないことに、改めてびっくり。
 やっぱり機械は苦手。気持ちが伝わる犬の方がいい。機械が犬の代わりにならないように、犬も機械の代わりはしてくれないから、苦手なりに使っていかなくちゃならないけど。

 ともあれ、これで訪問サポートの2万円が浮いたと思うと、定額給付金以上に嬉しい♪
| つぶやき | - | - |

▲ページトップへ | ▼ページエンド(出口)へ

| 1/39pages | >>
[写真] 杖をくわえたニッキー
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>


↑応援してくれたら嬉しいです。

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
PET ME!

いらっしゃいませ。招き猫です。
幸福を呼ぶ黒猫さんとマウスで遊んでね。


こちらは子犬さんです。
左側の箱からクッキーをあげると喜びます。
FLOWERS & STARS




MOBILE
qrcode
このページの先頭へ
前のページへ
(「相棒のAZ日記」へ)
ホームへ
(目次へ)
次のページへ
(リンクページへ)

(C)Yuki+Nicholas, http://blackdog.whitesnow.jp/ & http://kuroinu-nicky.jugem.jp/